平バプテスト教会が1920年から、平の材木町で信栄幼稚園として開園した平幼稚園は、2018年4月から幼保連携型認定こども園として新たにスタートしました。新園舎の建設にあたり、教会を仮園舎として2017年2月から1年間にわたって使用してまいりましたが、2018年3月から新園舎で保育を開始し、4月から幼保連携型認定こども園として開園しました。平幼稚園のおよそ1世紀にわたる幼稚園としての働きに幕を下ろし、今後、これまで築いてきた幼稚園の保育の上に、保育園と幼稚園の両方の要素を加えながら、子育て中の保護者に寄り添う働きを行なって参りたいと願います。

 また、地域の子ども・子育てを応援するプログラムとして、未就園児の親子のクラスとして「おやこ広場」を毎週火曜日、午前10時30分から午後1時まで行なっております。

幼稚園の働きはホームページをご覧ください。

検索➡️「たいら幼稚園」

 

新園舎完成予想図
新園舎完成予想図